入院14日目「劇的改善CRP」【潰瘍性大腸炎の入院日記】

劇的改善CRP 日記
スポンサーリンク

2021/5/31(月)入院14日目

・服用薬
アサコール400mg(朝昼晩 食後 3錠ずつ)
プレドニン5mg(一日一回 朝食後 8錠)
ネキシウムカプセル20mg(一日一回 朝食後 1錠)

・検温 36.5℃

本日の病院食

潰瘍性大腸炎患者の病院食 7日目

朝採血

朝採血はもう3度目?
毎回採血をしてくれる看護師さんは違うんだけど、今回一番驚いたのが、全く痛みを感じなかったこと。
今まで健康診断含め、何度も採血してきているけど、やっぱり針を刺す瞬間はチクッとするものだが、全く痛みを感じなかったのは今回が初めて。

プロだなと。

あまりの感動に今日担当してくれた看護師さんにそれを伝えたら、嬉しいって言ってたので、そう思ってくれるのならなんか伝えてよかったw

この後も週に2回の採血は続くけど、無痛採血をしてくれたのはこの一回、この看護師さんだけでした!

ステロイド服用 8日目

ステロイド服用から一週間を越え、症状は確実に治まってる。

お腹の痛みはまだ少しだけ痛むときはあるが、本当に少しだけ。

下痢に関しても、今日の朝の便でもう下痢っぽくはなく、かといってしっかりとした形になってるわけでもないが、それでもやわらかい固まりがたくさんある、といった感じで、明らかに今までとは違う便。

色も濃くなく、どちらかというと黄土色。
これはちょっと調べたら、腸内環境が良いときの便の色。
赤ちゃん以来の色です。

もちろん血も出ていない。

そもそも便の回数が減った。
4時間に一回だったのが、6時間に一回になった感じ。

あともう一つ。

おならをすることに成功!
あまり話してこなかったかもだけど、これは大きな変化。
今までおなら = 便
みたいなところあったからね。

変わってないこともある。

お腹の鳴り具合。
これだけは変わってないなぁ。
この症状が出始めてから、明らかにお腹が鳴る回数が多いんだよね。
でもなんで鳴るのかが謎。

とはいえステロイドが効いてるのは確か。
本当によかった。
まだまだ油断は禁物だけど。

劇的改善CRP

朝の採血結果で炎症を計る値、CRPが劇的に改善!

入院時「8.8」(通常値は0-0.14)(前回1.2)だった値が「0.24」へ!

パチパチパチパチ!
治ったわ〜w

まぁステロイドが効いているんだけれども、こっから見ていかなきゃいけないのは、今後ステロイドを減らし、最終的に無くしたときにどうなるか問題。

ステロイドは副作用も含めて、ずっと飲み続けれるものではないので、それを止めたときにまた炎症が復活するんじゃないか……とかを見ていかなきゃならない。

とはいえ!今のところ劇的改善が見られるので、退院の道もぼんやりと見えてきました。

今日先生と話したのは、今週はステロイドの量も今まで通り(現在40g)。
来週から少し減らして(30g)、再来週さらに減らす(20g)。
で、この辺りまで減らす事になると外来での対応でもよくなるとのことなので、つまり!このまま症状が落ち着いていれば、再来週のどこかで退院が見えてきましたよ!

自分の予想よりはちょっと先だったけど、こればっかりは仕方ない。
退院の道が見えただけでもよしとしなければ。

それと共に先生に言われたのは、退院後の栄養管理……。
そのあたりの話をするため、栄養管理指導を受けて下さいとのこと。

はい……。

やっぱり外食とコンビニではね……。
わかっていたけども。

自炊………いや〜、無理〜w

近々、栄養管理指導受けるのでその様子もどこかで書きます。

まぁ!とにかく!
炎症は確実に治まってきてる!
退院も見えた!
それだけで十分です。

あと!食事もレベルアップします!
三分から五分へ!
それもまた楽しみ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました