映画「あの頃。」を観て感じた私のあの頃。

あの頃 おすすめ
スポンサーリンク

映画「あの頃。」を観て感じた私のあの頃。

映画館へ観にいったときの音声配信を文字起こししました!


映画「あの頃。」観に行ってきました!

いや~、面白かったですね~。

知らない人のために簡単にあらすじを説明すると、主人公は「つるぎ」という男で、演じているのは「松坂桃李」さん。その「つるぎ」が精神的に落ちている時に友人から「これみて元気出しな」って一枚のDVDを渡されます。

そんなDVDを何気なく再生してみると画面に流れ出したのは「松浦亜弥」「桃色片想い」のミュージックビデオ。
アイドル松浦亜弥「あやや」の「桃色片想い」を観ているうちに涙が溢れ出してくる。

それをきっかけに「つるぎ」はあやや推しとなるわけです。

そしてハロプロオタクの仲間ができるのですが、それがみんな個性的なおもしろオタクなんですよね~。

そんな仲間たちとヲタ活を楽しんでいく中で、いろいろな葛藤だとか、悩みとか、変化だったりとか、悲しいこともあるんですけど、そんなこんなも含めて、楽しみながらみんなで笑っちゃう様子が映画の中で描かれております。

ただハロプロオタクにしか楽しめない作品かと言われるとそうではありません。

私自身はモーニング娘はもちろん知っていたし、あややも、みきてぃも知っていたし、有名な曲も聴いたりしてましたが、当時は推しというほどの存在はいなかったし、ハロプロオタクではなかったんですね。

それでも、今は「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」などアイドルを推しているので、映画に出てくるシーンに共感できるところがとても多いんです。

冒頭のシーンであややのMVを観て涙するとか、すごくわかる…

ちょっと心が弱っている時に、染み入るように入ってくる歌に涙するとか、おそらくオタクは全員あるんじゃないかなぁ。ありますよね?w

あと途中で握手会やツーショット撮影会のシーンもあって、それに向かう際の心境だったり、実際目の前にしたときのテンパリ具合とか「わかるわ~」っていうシーンも結構あって面白かったですね~。

なんか推しという存在が出来ることによって、人生に光がさすというか、一気に楽しい日々が訪れるというか、推しがいるって素晴らしいなぁと。

そしてそれと同時にやっぱり大きいのが仲間の存在。

映画の中で「中学10年生」っていうワードが出てきたんですけど、ホントそんな感じw

いい大人が、アイドル好きの仲間たちとくだらないことで盛り上がって、しょうもないことで笑いあうっていう、むちゃくちゃ楽しい日常なんですよね~。

そりゃそうなんですよ、だって自分が好きなものを同じく好きな人たちと分かち合えるなんて楽しいに決まってる!
大人になればなるほど自分と同じ趣味を持つ身近な人を見つけるのが難しくなってきますよね。

興味のない人にその熱量を伝えようとしてもポカーンとされてしまったり、ひどいときはひかれてしまったりねw
それが同じ言語で話し合えて、熱量をぶつけられて、バカなことを笑いあえる仲間がいたらそりゃ楽しいにきまってます。

この映画のタイトル「あの頃」っていうのもあって、あの頃は楽しかったな~っていう、昔は楽しかったよね~みたいな映画に思われがちなんですけれど、これがそうでもないんです。

言い方をちょっと変えると、あの頃「は」ではなくて、あの頃「も」楽しかったな~なんですよね。
なんだかんだで一番楽しいのは「今」ですよっていうことが、映画を観ていくうちにわかるようになってくる。

これは本当にそうだし、そうでなきゃいけないなと思いました。
そう考えると、私は今、本当に楽しませてもらってます。

「でんぱ組.inc」に出会って、「虹コン」を好きになって、他にもアイドルいろいろ好きになって、MD(みんな大好き)になって、推しはこの世のアイドル全員みたいな状況になって、そしてそんなのを「バカだな~」って笑ってくれる「天狗組」という仲間ができました。

一緒にライブ行ったり、ツーショット特典会で天狗組6連番して大笑いしたり、一つのラジオでラジオネームに天狗が入っているおたよりが3つ読まれたり、YouTubeでやってる生配信で推しに対する謎のなげ~コメントが10回続いたりw

ほんとバカばっかりなんですよ!

でもそんなバカでくだらないことが最高に楽しくて、それを一緒に楽しんでくれている天狗組のみなさんには本当に感謝しております。

いつもありがとうございます!

そういう意味では私が一番楽しいのは「今」なんですよね。

きっと5年後とか、10年後に振り返った時、今のこの状況が「あの頃」になったとき、あの頃「も」楽しかったな~と言えるように、それを言っている「今」が一番楽しいと言えるように、これからももっともっと楽しんでいきたいと思っております。

最後に、これも映画の中で出てきたんですけど、元「モーニング娘。」の道重さゆみさんが30歳を迎えた時に言ったセリフを紹介して終わりたいと思います。

「10代可愛い、20代超可愛い、30代超超可愛い。常に今日、明日、あさって、10年後が“ピーク”だと思ってやっています。30年間生きてきて今日が一番可愛い。」

道重さん最高だねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました